業務用オゾン水生成器


用途・特長

衛生管理の必要性が高い業務現場において、残留物がなく、人や環境にやさしい除菌方法のニーズが高まっています。

オゾンは空気中の酸素が原料で、菌やウイルスと反応した後は、酸素と水に戻ります。薬剤による除菌の場合と異なり、残留物がなく環境負荷がありません。オゾン水は気体のオゾンと同様に酸化による除菌・消臭力を持ち、水中のオゾンも反応すると酸素(O2)に戻ります。

近年、薬剤耐性菌(AMR*)による死亡者数が、将来増加する可能性があることが大きな問題となっています。そのため、除菌作業においても薬剤耐性菌の発生を抑制する必要性が高まっています。オゾン水による除菌は、タンパク質とオゾンの化学反応で細菌の細胞壁(膜)を破壊し、細胞内の成分を漏れ出させることで除菌します。そのため薬剤による場合と異なり、菌の薬剤耐性化を防ぐことができます。

*薬剤耐性菌AMR:薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。(Antimicrobial resistance)




Recommendオススメ


最近見た商品